読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは

音楽を重ねてアルバム作ろうかな。

アルバムっていうと音楽と写真があるよね。

どちらと複数の作品をひとつの本のようにしている。音楽も1枚1枚景色があるからそう名付けられたんだねきっと。

 

音楽をきくと確かに色々な風景が浮かぶ。雨の中歩いている商店街とか、海辺でサングラスしているアロハシャツ姿のおじさんとか。

 

何不自由のない生活。

お金も友達も家族もいる。

働きたくはないけど、誰かの役に立ちたい。なにかすこしでも改善できたら。単に新しい人や物事に触れたい。

仕事選びとは繋がり方の選択

人はだれかとつながりたいとどこかで欲してしまう。

なにもしないことほど辛い事はない。

たしかにつながることは大変だし、いじめや心労ということもあるのでつながらない方がましだと思う事もある。

でも結局つながろうとしてしまう。

 

仕事を辞めて毎度同じ様に考えてしまうのも似ている。

仕事は大変だ。でも仕事がないのも大変だ。

結局比較の問題かもしれない。

 

つながり方もひとそれぞれだ。

能力、容姿、いろいろな資源を駆使してつながることができる。

人はその資源をどのように活用するのか考える事ができる。

どのようにつながるのか選択して、強めようとできる部分がある。

 

仕事選び、ということをしながら、

自分はどの部分でつながろうとしているのか、選ぶ事である気がしてきた。

死にたい

久しぶりに死にたいと絶望している。

なにもかもが揖屋に成っている。

嫌になっている。

消えたい。頭のなかで不安が絶えず襲ってくる。なにもしたくない。生きている限りなにもしないことはできない。無にはなれない。

行きたくないところでも不採用となると落ち込んでしまう。やることがない。なにもやりたくない。考えたくない。どうすればいい?

 

みんなのためには生きられない。

こころが楽になりたい。

罵詈雑言を放ちたい。明日が来ないで欲しい。希望が見えない。面接をしたくない。仕事はしたい。なにもしたくない。

人のはなしを聞きたくない。

心がなくなって欲しい。感情もなくなって欲しい。自信がない。自信が底をついた。

政治がなくなってほしい。俺はなにもしたくない。なにもいいたくない。なにもみたくない。はなしたくないし聞きたくもない。

できることならセックスをしまくってそのまま死んでしまいたい。寂しい。孤独。話すことができないから伝えられない。気持ちが身体に貯まりすぎている。抜きたい。

あとはもう繰り返しだからなくなってほしい。

無職と羊

朝目覚めると雨上がりなのか、見知らぬ羊が庭を駆け回っている。埃っぽい毛のまわりに透明の光が反射して明るい。これはいいことがあるかもしれない。

 

コーンフレークに牛乳をかけようと冷蔵庫を開ける。庭を見ると羊がこっちを見て動かない。まずい。餌を要求しているのか。牛乳はもうない。お金がないから公園にいってとりあえず草をもってくるか。ちょうどやることもないし、いい暇潰しになるな。

 

ちかくの公園にいってみると同じように草をとっている人が何人もいた。まずいぞ。ほとんど草が残ってない。まさか皆のところでも羊が来たのか?みんなも仕事をせず、ここにこうして草をとりにきているのか。話しかけて草を分けてもらおうかと思ったが、やっぱりやめて帰ることにした。

 

 

 

1つのことであたまが一杯になる男

「では前の会社を辞めた理由を教えて下さい。」

「はい。私は1つのことで頭が一杯になってしまうため、辞めようと思ったらそれで頭が一杯になってしまったためです。」

 

「どうして辞めようと思ったのですか。」

「辞めようと思った理由は些細なことで、それは直接的な理由ではありません。

仕事がうまくいかなかったり、嫌なひとが上司だったり、きりがないものです。

そうではなくて、1つのことで頭が一杯になると、それを減らす方法や違うことに目を向ける方法がわからないため、辞めることを遂行しないと何もできなくなるため、辞めてしまうのです。」

 

 

「なるほど。わかりました。

では頭が一杯になっても、それを軽減する方法や気を紛らすことができたらあなたは辞めないということですね。」

「その通りです。」

 

 

不足と満足を考える

欲望には種類と限りがある。

それぞれの欲望は関連しあっていてなにかが増えるとなにがが減るという関係になっている。つまりすべての欲望が100%満たされることはあり得ない。

 

不満は次なる満足へのガソリンとなる。

 

だからすべてを満たそうとするのは欲望との誤った関係である。

 

 

私の場合として欲望の種類と、それぞれの満足度★3つで洗い出す。

 

(生理的欲求)

性欲★★

食欲★★★

睡眠欲★★★

排泄、肌、目や腰など不調がない健康欲★★★

運動欲★

美味欲★★★

 

(社会的欲求)

愛されたい欲★

※出世名声欲★

〇お金欲しい欲★★

〇物欲★★

コミュニケーション欲★

文化愛でたい欲★★★

タナトス刺激欲★

ワクワク好奇心欲★

※だらけ欲★★★

 

 

生理的なものは比較的それぞれ補完的というか助長的な関係であるのに対し、

社会的なものは相反する関係があるように感じる。

だらけ欲が満たしているときは、出世名声欲は満たされない、等。

 

 

 

こうやって書いているとかなり私の満足度は高いことがわかった。

でも日々の悶々はなにかと考えると過去と未来にいきつく。

 

 

過去の嫌な経験やうまくいかなかったことのフラッシュバック。そこから未来へのネガティブなイメージ。

そう、頭のなかのことなのだ。

 

 

いまのことにもうすこし集中して。

 

 

既読スルーを投げ飛ばす

既読スルーってあるじゃないですか。

なんなんですかあの言葉。

ぼくもLINEで既読スルーされた!と怒ってましたがちょっとまて。

 

どうしてそもそも読んだらすぐに返さないといけないんだ?

手紙だってメールだって、読んだら

内容にもよるがべつにすぐに返すのが義務ではない。

 

まして個人的なやりとりで、読んだらすぐ返さないなんて!と怒るのはわがまますぎる。

 

 

じゃあどうして既読スルーなんて言葉があるのか?どうしてわたしはそんなことで怒ってしまったのか?

 

よくわからない。

わがままな学生が作ったわけでもないと思うので(ここまで広められないのでは?)、マスコミの誰かが作ったのか?

 

単に思考停止になっていた。

そしてこの言葉には明らかに価値観の押し付けもあった。

 

既読スルー=既読したらすぐ返信しないといけない

 

 

言葉ってだから面白いともいえる。

言葉の意味には、それを支える前提意識がある。無職という響きにも働くのが良いことという価値観がくっついている(と感じる)。

 

 

なんでもそうだ。

犯罪=法律を破ってはいけない=法律守ろう=社会は正しい=政府に従うことも大切などなど。

 

 

とりとめがなくなった。

おわり。