読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄県米軍基地について報道機関は機能していない!

政治 雑感

連日ニュースで沖縄県の米軍基地問題について報道されているが、いつも分かりにくくて中途半端なみずかけ論ばかり。

 

 

米軍基地はなくなれ!

負担なるべく減らすから基地は置かせて!

のやりとりばかり。

受信料で成り立っているところくらいは、もう少し情報を整理して、現状を伝える義務があるのではないか。

 

 

起きている出来事を客観的に記録し、

論点を整理して、

根拠を示しながらどうすべきかくらいまで伝えるべきではないか。

 

 

 

 

知識があまりない私が考えるだけでも以下の論点がある。

 

 

1,軍事防衛の問題

2,アメリカとの政治上、経済上の外交問題

3,沖縄県中央政府という内政、構造の問題

4,憲法の問題

5,住民の被害

 

 

ざっと挙げただけでも5つの論点が複合しており、一つ一つの論点だけでもとても時間の要する問題だと思う。

 

 

完璧な理解には及ばないが、

(よりましな理解)を促すために、具体的な問いをなげかけることはできる。

 

 

1に関して

まず、軍備による防衛が有効がどうか。

米軍基地がいなくなると、他国から攻められたことがある過去の例はあるの?

 

そもそも戦争や攻撃が、軍事費や設備を増やすことによって減った統計データはあるの?

 

 

さらに、米軍である理由はなにか。

防衛力?ほんとに米軍が一位なの?フランスやイギリスは?

そもそも米軍がいる理由が政治的な場合、

お金が目的なの?(日本政府はアメリカに対して米軍基地がいてもらうためのお金を払っている)ならお金だけ多く支払って、出ていってもらうことはできないの?

 

 

 

以上のように、論点を分けても

それぞれの論点を考えると本質的な理由が同じだったり、違う論点がでてきたりと、

考えるべき項目が変わってしまう。

 

 

報道機関として、こうした思考された

論点と仮説をもとに取材と報道をすべきだとおもう。

 

 

 

それをわたしや、みんなでやればいいのかも

しれない。

考える力があれば、できることなはずだから。