読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうこりんとロシアで中国人

人を矢印に例えてみよう。

あなたの思考や視線はどこを向いているのか。

 

矢印が自分を向こうとするとキツい。

曲がる角度が急すぎて折れてしまうかもしれない。矢印は、矢印でどこかにむかうようにできている。

 

 

アプオリ。もともとあるもの、という意味。

そこになにかがあったのだ。

なにかをつくることもできる。

あなたもなぜか、生まれたのだ。

 

 

 

 

ゆうこりんが離婚して、かっこいいことを言っていた。(先を考えると不安になるから考えないようにしている。いましか考えないし、いつも「なんとなかなる!」と言い聞かせている。)

泣けた。

これは泣けた。

ゆうこりんは子どもふたりを育てている。

 

きっとゆうこりんは今後売れるよ!

 

 

 

 

あともうひとつ。

ロシアではソ連崩壊にともない人口流出などもあり、中国人労働者が増えているとのこと。野菜を売っている人のインタビューでは、(中国で売るより10倍くらいロシアの方が稼げる)とのこと。

 

そうなんだ。

労働はお金を稼ぐ手段なんだ。

 

 

 

ばらばらエッセイ。

 

 

最近ライフプランをつくった。

すると私の婚約者はいま27歳くらいのひとじゃないと子供を産めるのが8年以内!

わたしはもうそのときはあれだよ!

怖いねー